五十肩のセルフケア①

五十肩になるとつらいですよね。このような肩の為の人のセルフケアです。

肩を動かすだけで痛みがでる。
夜も寝れない
服を着替えるだけでも痛みが出る。
痛みがある為仕事、家事に支障がある
痛み止めの飲むが、その時だけ痛みがましだが薬が切れると元に戻ってしまう。
という人は、このセルフケアを試してください。

ただセルフケアをしてはいけない人もいます。
肩を横に挙げていき、90度の所で止める。その90度の状態で止めれない人は五十肩でない可能性もありますので、このセルフケアはしないでください。

棘下筋(きょっかきん)という肩の筋肉のセルフケアになります。棘下筋は背中側にあります。棘下筋は肩甲骨の上にある筋肉です。②番の写真でいうとピンクの部分が棘下筋です。青の部分が悪くなりやすい所です。ここを狙いセルフケアをおこないます。

使う道具は100均で売っているJ型の道具を使います。③番の写真を参考にして下さい

セルフケアを行う方の肩を上に横向きで寝ます。肘を軽く曲げて、肩関節を後ろにもっていきます。この状態で肩甲骨の内側で先ほど写真青く塗った部分を中心に道具で押していきます。範囲が広いので色々変えて押してみてください。棘下筋が緩むので腕が軽くなると思います。毎日続けて下さい。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA