骨の変形は、腰痛の原因か?

骨の変形が腰痛の原因?

病院でレントゲンを撮り、骨の変形が原因で腰痛が起きていると言われる患者さんが多いです。変形が直接的な原因とはいえないと思います。もし骨の変形が原因なら痛みの強さは一定でないとおかしいです。

しかしお風呂に入ったらましになるだとか、暖かい日はましになるとか?よく聞きます。これは腰周りの筋肉が緊張が高くなり硬くなっているために痛みが出ている考えられます。筋肉の中には血液が豊富にあり、痛み発生物質があります。緊張が高くなるというのは血流が悪くなり、そこに溜まりやすいという事になります。

なぜ変形はおきているの?

筋肉は複雑な動きをする顔の表情を作る筋肉を除き骨から骨についています。筋肉の緊張が高まるという事は、不良姿勢や同じ動作を続けるということは常に骨の同じ場所を引っ張っているという事になります。同じ刺激が常に入っているという事になるのでその場所が刺激を受けすぎて変形してもおかしくないと思います。

筋肉の問題であり、骨の変形が原因ではない

骨の変形は常に筋肉の緊張が高まり、刺激を受け起こった物なので2次的な物だと考えられます。「骨の周りの筋肉の緊張を緩めれば痛みは減っていきます。

 

大阪府豊中市 令和さくら鍼灸整体院 西村 通

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA